歌 紹 介 > 師走餅鬼餅



師走餅鬼餅

作詞 浦崎芳子
作曲 普久原恒男
歌  仲本晶盛
歌  鶯ひよこ組

一 師走ムーチー 鬼餅
  年ぬ嘉礼どぅ 願ゆんどー
  サンニンガーサに クバぬ葉
  師走ムーチー 鬼餅

二 餅 造いし楽しみに
  寒さんうじらん アンマーとぅ
  カーサ洗たい 井さちゃい
  鍋んガサガサ 洗とーてぃ

三 力 餅 大ぎ大ぎとぅ
  くしきに並びてぃ アンマーが
  頭数ゆでぃ 手さんみん
  ハガマにうちきてぃ んぶちょーてぃ

四 兄ぬ鬼や 海後てぃ
  妹ぬ企まー 山後てぃ
  とぅん立ち座し 見したりば
  鬼や驚ち はんたんかい

五 んぶし汁や門口に
  持っち行ぢゃーに いーけーらち
  鬼足ぬ 入らん如
  人喰鬼ぬ 寄らんぐとぅ

六 ムーチー喰でぃぬ うぬ葉や
  あじまー結びし はしる口
  くんち下ぎとてぃ 足返し
  やなむん鬼ぬ 寄らんぐとぅ

七 サンニンガーサや あん香ばさ
  カーサ餅 あんまーさぬ
  師走八日 忘んなよー
  師走ムーチー 嘉礼なむん
  師走ムーチー 鬼餅
  師走ムーチー 鬼餅


1.島唄ぬ情
2.島造い
3.春ぬみやらび
4.藍染ぬ情
5.サニン花
6.オートクガニー
7.島や若夏
8.かりゆし雨小
9.蘭の花
10.満名川ぬ泉
11.本部大漁
12.師走餅鬼餅
13.正月のうた
14.花ぬ沖縄
15.カチャーシー

■解説
昔々のこと兄と妹の兄妹が居ました。妹は大変気立てのよい妹でした。或る日のこと世間の人から、妹は貴女の兄は人喰い鬼だと聞かされました。妹は兄を確かめて見ました。すると世間の噂通り事実であるので大変悲しみ、どうしたらよいのか教えて下さいと親のトートーメーに向かって泣いて願っていました。すると親のたましいが夢枕に立って、餅を作りサンニンに包んで海岸に連れて行き、兄は海を後にしてすわり餅を広げて食べながら、口は餅を喰う口、ここは鬼を喰う口と陰部をあけて見せなさいと親が教えてくれた。妹は親から教えられたようにした。兄の鬼はびっくりして、後にひっくり返り海に落ちて死んでしまった。鬼は退治されたので、それからはカーサー餅はかりゆしである、鬼退治の餅であると言うことで、師走八日は各家でカーサー餅鬼ムーチといって餅を作ってかりゆしの願いをします。ムーチー折目といって御先祖様も拝みます。子供たちは自分の歳の数だけ柱に下げてよろこびました。餅の蒸し汁は門口にもって行き、鬼が入らぬよう鬼の足払いをする。食べた後のカーサはアジマー(十字)に結び厄除けにする。昔から代々うけ伝えられています。
1988年作 浦崎芳子

歌紹介へ戻る   TOPへ戻る

民謡鶯組の館 〒904-2205 うるま市字栄野比51-1 TEL098-972-7279