歌 紹 介 > 下千鳥



下千鳥

作詞 浦崎芳子
歌  仲本晶盛

一 藍染ぬ紺地
  母親ぬ形見
  俤とぅ匂い 優てぃ立ちゅさ
  いちゃし忘りゆが 母ぬ姿

二 親ぬ面影や
  立ち優てぃ居てぃん
  目涙露なやい 解きてぃいちゅさ
  玉黄金親や 神るでむぬ













1.まごころ
2.赤花
3.今になてぃ思み知ゆさ
4.親ぬ面影
5.あんまー形見ぬ一番着物
6.伊江島
7.芋ぬ時代
8.親ぬ姿
9.親偲い花
10.鳩小
11.忍耐
12.沖縄でーびる(小浜節)
13.下千鳥
14.ナークニー・カイサレー
15.歌てぃ明がらさ踊てぃ明がらさ

■解説
親の思い出
お母さんの形見の着物がタンスにしまわれている。タンスをあけるたびに紺地の藍の香りが、お母さんの面影を思いおこさせる。おもわず親の姿を思い浮かべてながめる目に涙が光る。悌や立ちまさてぃうてぃん親は神様になってしまった。だから時が経てば、霧のように涙はかわいていく。親は神になったと思えば安らぐのである。 1992年作 浦崎芳子

歌紹介へ戻る   TOPへ戻る

民謡鶯組の館 〒904-2205 うるま市字栄野比51-1 TEL098-972-7279