歌 紹 介 > 親ぬ姿



親ぬ姿

作詞 浦崎芳子
作曲 仲本晶盛
歌  仲本晶盛

一 幾年になてぃん 親ゆ失なりば
 湧き出ゆる涙潮 名残深さ

二 悲しさや淋さ 物に例ららん
  又とぅ拝まらん 御顔思ば

三 憂世ならわしとぅ 肝勇みしちん
  親ぬ生ち姿 顔ぬ浮かでぃ

四 人並ぬ中に 生り育ちちゃしが
  親ぬ志情や 肝に染まてぃ

五 誰が上になてぃん ある事ゆやしが
  我が親ぬ情 他所にまさてぃ





1.まごころ
2.赤花
3.今になてぃ思み知ゆさ
4.親ぬ面影
5.あんまー形見ぬ一番着物
6.伊江島
7.芋ぬ時代
8.親ぬ姿
9.親偲い花
10.鳩小
11.忍耐
12.沖縄でーびる(小浜節)
13.下千鳥
14.ナークニー・カイサレー
15.歌てぃ明がらさ踊てぃ明がらさ

■解説
いつまでも在って欲しいと願っても、親を失う時の淋しさは、その時でないとわからない。父親が亡くなった時に髪がいっぺんに白くなって、人は誰でも一度はあることだけれど、親の偉大な支えが、失って初めて心に打撃が来ていることを知り、親の有難さは一層我身に深くなるばかりです。親子の愛情は、こらえてもこらえても、湧き出る涙を止めることはできない。
1984年作 浦崎芳子

歌紹介へ戻る   TOPへ戻る

民謡鶯組の館 〒904-2205 うるま市字栄野比51-1 TEL098-972-7279