歌 紹 介 > 親ぬ面影



親ぬ面影

作詞 浦崎芳子
作曲 普久原恒男
歌  仲本晶盛

一 拝まらん親ゆ 朝夕思び出ちょてぃ
  肝勇みかきる 胸ぬ思い

二 親ぬ面影や 一 日ん我身ぬ
  忘りゆる事ぬ ならんあむぬ

三 親ぬ孝がなとら 不孝がまたなとら
  胸中ぬ思い 明かしぐりさ

四 継ながりてぃうゆる 親とぅ子ぬ縁や
  いくり隔みてぃん いちん御側









1.まごころ
2.赤花
3.今になてぃ思み知ゆさ
4.親ぬ面影
5.あんまー形見ぬ一番着物
6.伊江島
7.芋ぬ時代
8.親ぬ姿
9.親偲い花
10.鳩小
11.忍耐
12.沖縄でーびる(小浜節)
13.下千鳥
14.ナークニー・カイサレー
15.歌てぃ明がらさ踊てぃ明がらさ

■解説
私の父母は八十八歳と八十六歳の長寿でした。ところが、父母とは本部と伊江島という海をへだてた暮らしであったために、親の面倒も満足に見てあげられませんでした。親を亡くした後、何かにつけて親の面影が浮かび、そのような時には親は失くとも心の中に生きていて、自分を慰め励ましてくれているような思いがしてその気持ちを親の面影と題して詩にまとめてみました。
1984年作 浦崎芳子

歌紹介へ戻る   TOPへ戻る

民謡鶯組の館 〒904-2205 うるま市字栄野比51-1 TEL098-972-7279