歌 紹 介 > 親や我が身ぬ造い主



親や我が身ぬ造い主

作詞 浦崎芳子
作曲 浦崎ヤス子
歌  仲本晶盛
歌  浦崎ヤス子

一 我島沖縄や 神ぬ島
  神ぬ御教しん 崇みとてぃ
  親ぬ御教しん 守てぃくぃり
   親や我が身ぬ造い主

二 親に生さってぃ ふどぅゐーてぃ
  親にまさゆる 神やねん
  親ぬ上から 越んなよー
  *くりかえし

三 親ぬ足らん事あてぃん
  足れい満たする 心持てぃ
  うりどぅ目出たや 親優い
  *くりかえし

四 手墨 学問 鼻上りば
  親ん押すとてぃ 天りちん
  天から降ったる 人間や居らん
  *くりかえし

五 親に孝行 尽くすしや
  人に生りてぃ 人ぬ道
  親ぬ情ゆ 忘りゆな
  *2回くりかえし


1.母の祈り
2.一番桜
3.戦後のふるさと
4.百合の香り
5.対馬丸の子達の魂
6.トゥバラーマ
7.玉黄金産し子
8.命
9.一番星
10.戦争孤児
11.面影
12.親や我が身ぬ造い主
13.肝心ゆたしく
14.親ぬ造たる此の体
15.詩よありがとう

■解説
人間造るのは親であります。自分を造ってくれた親の恩を忘れたら、人間は道迷いする。自分が偉くなっても、自分を育ててくれた親を忘れないで、親があっての子である。親は偉くないと思っても、偉い人間に育てた親は、尚偉いから、親の偉大なることを忘れないように尊敬することが、人間造って育てくれた親に対する人の道だと思う。生んだら育てるのが当たり前だと言う、それもそうなんだと思った場合、人間は人間の価値を失って、鳥や犬畜生と同じ、縁も情もなくなります。人間にだけある学問、その学問で偉くなったといばっても、学問習って勉強して、人間がしてはいけない悪事もします。だから学問も度を過ぎて道を間違ったならば、取り返しのつかないことになります。親は我が身の造り主でありますから、親を尊敬し、親を忘れずに崇めなければなりません。
1984年作 浦崎芳子

歌紹介へ戻る   TOPへ戻る

民謡鶯組の館 〒904-2205 うるま市字栄野比51-1 TEL098-972-7279