歌 紹 介 > 戦後のふるさと



戦後のふるさと

作詞 浦崎芳子
作曲 浦崎ヤス子
歌  浦崎ヤス子

一 童小ぬ時や 友人とぅ此ぬ浜によ
  今年立寄りば 思みどぅまさる
  *我が生り島よ 阿良ぬ浜よ

二 波とぅたわふりてぃ 夜ぬ暮りん知らん
  遊ぶたる友人小 いちゃがなたら
  *くりかえし

三 寄してぃ引く波に 音ぢりゆ聞ちん
  懐さや 返事んねらん寂さ
  *くりかえし

四 出ぢ立ちゃる港 戻てぃ来よ友人小
  昔 遊ぶたる 阿良ぬ浜によ
  *くりかえし

五 誰ゆ思び出ちょてぃ 白浜に立ちょが
  眞南風に吹かってぃ 浜木綿ぬ花
  *2回くりかえし

1.母の祈り
2.一番桜
3.戦後のふるさと
4.百合の香り
5.対馬丸の子達の魂
6.トゥバラーマ
7.玉黄金産し子
8.命
9.一番星
10.戦争孤児
11.面影
12.親や我が身ぬ造い主
13.肝心ゆたしく
14.親ぬ造たる此の体
15.詩よありがとう

■解説
国のために頑張ってくるよと、笑い顔して出ていった阿良の浜。戦後立ち寄って見れば、戦争のためにうちくだかれたまま、浅橋はこわれて打ち寄せる波が、白く泡を吹いてサーっと消えて行く。波の間にあの笑い顔が浮かんで、涙がほおをぬらす。戦争の悲しみがよみがえり、国のためにと言った言葉が何だか責任が重い。帰らぬ友人小達どうなったのか、白浜に立っていると、波の間に悌が浮かび、古里は思い出ばかりが残っている。
1951年作 浦崎芳子

歌紹介へ戻る   TOPへ戻る

民謡鶯組の館 〒904-2205 うるま市字栄野比51-1 TEL098-972-7279