歌 紹 介 > 母の祈り



母の祈り

作詞 浦崎芳子
作曲 仲本晶盛
歌  仲本晶盛

一 島尻ぬ果てに 立ち並ぶ碑文
  凌ぢ凌がらん 戦争あたてぃ

ニ 見りば肝痛さ 岩枕かきてぃ
  アンマーヨーイあびてぃ
  泣ちやとぅみば

三 泣くなよやりちん 泣かなくらさらん
  湧きぢゆる涙 止みぬならん

四 忘らりていやしが 幾年ゆ経てぃん
  産し子面影や 忘りぐりさ

五 またと此ぬしけに 戦争どんすゆな
  碑文抱ち泣ちゅる 親のくりさ

六 御天地の御神 道知らん産し子
  手引ち極楽ゆ しみてぃたぼり

1.母の祈り
2.一番桜
3.戦後のふるさと
4.百合の香り
5.対馬丸の子達の魂
6.トゥバラーマ
7.玉黄金産し子
8.命
9.一番星
10.戦争孤児
11.面影
12.親や我が身ぬ造い主
13.肝心ゆたしく
14.親ぬ造たる此の体
15.詩よありがとう

■解説
大東亜戦争のためにわが子を失った親の悲しみを詩に綴る。戦後五十年余の今日、母の祈りの詩をはぐって見て、平和の礎が建立された今、礎をなでながら泣いている肉親、友人の姿、幾年ゆ経てん思いは新たに、在りし日面影を思い浮かべて、恒久平和の誓いをしてなぐさめているにちがいない。天地の神も聞いて見てその誓いを永遠に変わることないように、二十三万余の霊に証人として立ってらているように思われた。
1984年作 浦崎芳子

歌紹介へ戻る   TOPへ戻る

民謡鶯組の館 〒904-2205 うるま市字栄野比51-1 TEL098-972-7279